Far better is it to dare mighty things, to win glorious triumphs, even though checkered by failure than to rank with those poor spirits who neither enjoy much nor suffer much, because they live in a gray twilight that knows not victory nor defeat - Theodore Roosevelt, 26th U.S. President
  • 社名が変わりました 社名が変わりました

    2018年10月1日より「株式會社アミノアップ化學」は
    「株式會社アミノアップ」に変わりました。よりナチュラルへ。

  • わたしたちについて わたしたちについて

    アミノアップは
    生命の力について考えています
    常識を常識とせず、あらゆるものに疑問を持つ。
    その自由な発想から、次々と「自然の恵み」を発見しています。
    私たちは機能性食品製造メーカーとして常に未來を見つめて、
    新たな物質の研究に情熱を傾けています。

    詳しくはこちら ›

  • 培養技術 培養技術

    世界が認め、愛されているAHCCAHCC 工場では、これまで難しいとされていた大型タンク培養システム、天然生理活性物質の抽出・精製を獨自のノウハウによって確立。タンク培養のオンライン監視システムの採用により、擔子菌などのデリケートな菌種の數ヶ月にわたる長期培養も可能にしています。その培養技術のおかげでAHCCは世界30ケ國で愛用されています。

    詳しくはこちら ›

  • 獨自性 獨自性

    アミノアップオリジナルブランド機能性食品製造メーカーとして1987年にAHCCを開発。
    キノコの菌糸體を大型タンクで長期間培養して得られるAHCCは
    アミノアップ獨自のブランドです。現在では世界中に使用され、さらなる研究が続けられています。

    詳しくはこちら ›

  • 世界基準 世界基準

    世界70団體と機能性食品を共同研究アミノアップの共同研究は、1989年からこれまで多くの國内外の大學や醫療機関約70団體と行ってきました。2005年には大阪大學大學院醫學系研究科に寄附講座「生體機能補完醫學講座」、カリフォルニア大學デービス校栄養 學部に「アミノアップ教育研究基金」を開設し、2007年には韓國において高麗大學醫療院に寄附講座「統合醫學科講座」を開設しています。

    詳しくはこちら ›

  • エコの取り組み エコの取り組み

    高い環境負荷低減を目指しています。2011年9月に70の環境技術を持った、アミノアップの新社屋が完成しました。省エネルギーシステムを採用し、自然エネルギーを最大限に活かすことで、機能性食品製造メーカーとしてCO2の50%削減などの高い環境負荷低減を獨自の目標としています。

    詳しくはこちら ›

このたびの平成30年北海道膽振東部地震によりお亡くなりになられた方々へお悔みを申し上げますとともに、被害を受けられた方々に心よりお見舞い申し上げます。

お知らせINFORMATION

新着情報
一覧

2018.10.03

「食品開発展2018」に出展します

2018.09.10

「平成30年北海道膽振東部地震」に関するお知らせ

2018.07.20

統合醫療機能性食品國際學會(ICNIM2018)開催

學會・論文情報
一覧

2018.08.27

「第7回エビデンスに基づく統合醫療(eBIM)研究會」

2018.03.26

「園芸學會 平成30年度春季大會」

2018.03.26

「第88回日本衛生學會學術総會」

ニュースリリース
一覧

2018.09.27

株式會社アミノアップ化學は2018年10月1日より『株式會社アミノアップ』へ社名を変更いたします

2017.12.25

シニア世代のインフルエンザとAHCC® ワクチンとAHCC®の併用で相乗効果を発揮

2017.11.27

インフルエンザの季節は特に注意!自律神経と免疫 ~のど・はな 粘膜に現れる健康のサイン~